いまさら&何週目かわからないFE聖戦の系譜のお話(後編) 2015/07/10  ファイアーエムブレム ,

前回の続きです。

クリアしてから何ヶ月も後に書くものじゃない!
と思ったりもしたけど、案外覚えてるものです。

今回はセリス編(6章~終章)。

セリス編 攻略&感想

セリス編を始める前に

今回はセリユリバグを使ってゲームを進めます。
また、7章で勇者の剣を貰うつもりなのでそこまでノーリセです。

6章

優秀なステータスに加え、武器引継ぎ(セリス様:銀の剣、ラクチェ:勇者の剣、スカサハ:ざんてつの剣、レスター:勇者の弓)のおかげで余裕余裕、ラクチェの言うとおり一気にガネーシャを制圧。

…さて、ここからが本番。
これ以降、7章でセリス様とパティを会話させるまでセリス様とユリアはずっと隣接したまま、に加えてノーリセットで進行しないといけません、当然指揮官効果も★2で不利のまま。

まぁ、決めてしまったのでやります。
まず南下する前に武器の受け渡し、足りないゴールドは受け継がせた武器を売ったり(この時点で)一つだけある村を使います。

ラクチェに銀の剣と銀の大剣を継承させているので、それを中古屋に流して銀の剣をデルムッドに、大剣をスカサハに譲ります。これで二人の火力不足が解消。

さて、ここでまた二つの縛りを入れます


①ヨハンを仲間にするけど、ヨハルヴァは殺さない
②ユリアに渡す魔法はリザイア


の二つです、①をやる意味は全くありませんが後味も良くないので何となく助けます。

②は簡単、ヨハン説得後に城をほっとけば敵に制圧されるので後で取り返せばOK、ただソファラは①の条件もあって制圧しないでクリアします。

さて①、ヨハルヴァを殺さないために部下を削ってヨハルヴァを増援モードにします、こうするとソファラに逃げていきます。
ここで、城を守っているアクスファイターをフィー(かぜの剣装備)で倒して、城門を塞ぎたかったんですが失敗。

結局、南の山にヨハルヴァと部下をおびき寄せつつ風の剣で数を減らす、という作戦に切り替えて達成しました。

あとはダナンを倒しておわり。
セリユリバグ縛りの関係上、ボスチクは出来ないのでサクっと倒します。

7章

序盤からいきなり山場です。
というのも、シャナンの生存がほぼ運であること、ボスを倒さないといけないこと、パティの装備が貧弱なことなどなど。勿論バルムンクは惜しみなく使います。

勇者の槍を持たせたフィーをシャナン救助隊として送ることに、レンスターはフィン任せですが、リーフとナンナをうまく動かさないと救えない村がある(しかもリングがもらえる)のでほっとくわけにもいきません。

こっちは、村の救出が終わったらナンナに継承したリターンの杖とリターンリングを使って本城へ戻って、本体と一緒に進軍します。

さてシャナンの方ですが、敵の攻撃範囲に注意しつつ出来るだけ先手を取る(連続か流星剣出れば倒せる)ことで何とかボス撃破まで成功。勇者の槍+フィーも活躍してくれました。

後は砂漠をちまちま進んでセリス様とパティを会話させて勇者の剣ゲット!
その後メルゲンに進む前にセリユリ成立、その後セーブ&リセットを行いセリス様の指揮官効果を★3に戻して攻略再開。

まずは闘技場を限界ギリギリまで使って経験値を稼ぎます。
メルゲンは右に本体を寄せてちょっとずつ数を減らします、バルムンクも惜しまず使って攻略。

アレス、ティニーを説得してアルスター攻略、トールハンマーがかなり厄介ですがスキルが無いので、しっかりレベル上げをしてあれば1発に気をつけつつラクチェでテキトーに殴っても倒せたりします。

8章

戦力も大分整ってきます。

レンスター城組と攻めるチーム、本城を守るチームに分かれます。
振り分けは、騎兵が攻めで歩兵が守りとしてますが、ファバル説得のためにパティと恋愛も兼ねてシャナンは攻めチーム。本城の守備&ラナとくっつけるためにヨハンは守りチームへ。

レンスター城組は出来れば待ち伏せて戦いたいところなんですが、進軍が遅いとパワーリングが手に入らないので頑張って進みます。フィーを南の山賊退治に向かわせてしまったので、北は騎兵で頑張らないといけないところ。

三姉妹、イシュタル、ファバル等の難関が前から来ますが、出来るだけシャナン、アレス、オイフェに頼ります。経験値がもったいないかもしれませんが、この章はシビリアン救出や最後にボスチクポイントがあるので気にしないことに。

マンスター攻略ですが特に問題になるところもなし、せっかくなので仲間になったばかりのセティにべったり頼ればOK。

シーフの腕輪はアレスにプレゼント。つばめがえしシーフファイターはフィー+かぜの剣でちくちくやって倒しました。

最後にキラーボウに気をつけながらボスチクして終了。

9章

ドラゴンナイトは歩兵+レスター+リーフで対処、騎兵はカパトギアへ向かわせます。ハンニバルを増援モードにして囲うまでが勝負、こっちはそんなに難しくないです。

問題はアルテナ、たまーに変な位置に待機されて説得できなかったりします。殴られるとどちらかが死ぬ可能性が高いので1回も戦闘したくありません。そこに気をつけつつ数を減らします。

フィーは左上に飛ばせて村の安全を確保したいところですがフォーレスト(用心棒?)がいるので注意。おねがい勇者の槍作戦で行くことにします。

あとはトラキア城制圧まで特にヤマ場なし、ドラゴンナイトも本隊以外は育ったユニットを城に篭らせておけば勝手に数が減ります。

問題はアリオーンですが、腕輪も欲しいのでしっかり倒します。
アルテナで倒すとドラマ的ですが組み合わせの都合上、アリオーンには100%勝てません
(見切りで必殺が出ない&ステータス補正の関係で100%追撃されるので)
なのでおとなしく間接攻撃連発で倒します、というかセティで倒せます。

クリア前にユリアの装備を売るのを忘れずに。
いや別にライトニングはいらないんだけどね、どーせ使わないし。

10章

最初が一番のヤマ場です、闇魔法&杖のオンパレードに加えて森。
ラナのスリープとセティのサイレス、踊りをフル活用して可能な限り無力化します。

フィーとアルテナは子供の護衛に飛ばします。
でも二人でリデール隊は相手に出来ないので騎兵も頑張って森を抜けます。
ここからミレトス城までは特に何も無し。

ミレトス城ですがイシュタル、ユリウスが出てくるのが大問題…かと思いきや、イシュタルにセティをぶつければ大体OKです。どちらかと言うと飛んでくるスリープの杖の方が問題、攻めに参加できるユニットは限られます。

ミレトス城制圧前にフィーとアルテナを北東に飛ばします、パルマークの護衛です。ライブの腕輪があるフィーはともかく、アルテナはちょっと不安なんですが実はパルマークが回復してくれたりします。

アルヴィスはセリス様と一対一で。
オマケにライブの腕輪ももらえるしね。

アルヴィス戦のBGMは名曲。

終章

ながかったー!けどここからが本番。

城を取り巻いてるダークマージは踊り、フィー、アルテナと間接攻撃で片付けます。エッダ城攻略に人数を裂くと戻るのが面倒なのでセリス様、アレス、リーフ、ナンナ(リターンの杖)で攻略します。

続いてドズルの攻略。
グラオリッターは本城に控えてた歩兵剣ユニット、シャナン・ラクチェ・パティ辺りにべったり頼ります。斧が弱すぎるせいもあってほぼノーダメです。
エッダの防衛にはスカサハをワープで飛ばしたんですが、戻るのが面倒だったのでナンナで守ればよかったと後悔。

続いてフリージの攻略。
因縁あるキャラ同士で戦わせることにします

バイゲリッターはファバル、パティ、レスター、ラナで対応…と言っても終章、イチイバル撃ち尽くし地雷戦術で片付けます。ただスコピオだけはキラーボウという事もあり結構危ない、というか必殺食らっちゃったんですがファバルのHPが80あったおかげでセーフ…。

ゲルプリッターはアーサー、ティニーに加えてアーサーとくっついたフィー、ティニーとくっついたセティで攻めます。と言ってもフォルセティがあれば負けません。
ヒルダはアーサー&ティニーで。
最後はティニーの怒りトローンで終了。

いよいよ大詰めです。
ファルコン三姉妹とイシュタルの対応。
と言ってもこちらも神器を使えばそこまで恐れなくても大丈夫、三姉妹は直接攻撃を狙ってくるのでトライアングルアタックを受けないようシャナンを配置すればOK。イシュタルは支援+フォルセティで何とかなります。

その後はヴェルトマー&ユリア。
移動が面倒なのでエッダを攻めたメンバー+ユリア引き付け用にフィーを北へ動かします。本隊はバーハラ城の西辺りまで進めておきます。

マンフロイはセリス様をぶつけて終了。
ユリア説得とナーガを手に入れたら、十二魔将をナーガで一掃。
そのままユリウス撃破でお疲れ様でした。

各キャラクターについて

セリス様

シグルドから受け継いだ銀の剣、リング類でのコテコテ強化により序盤から結構活躍してました。

のえさんはセリス様信者なのでステータスカンストとか当たり前です
成長率がとにかくいいので、魔法防御にちょっと気をつければ割と簡単な方だったりします。

セリユリ派なので誰ともくっつけないプレイが多いんですが、冬季版を読んだら案外セリラナもいいんじゃないかなーと思えてきた不思議…。

ラクチェ

父親が割とダメ成長だったので不安だったんですが、見事に払拭してくれました。武器は最初から最後まで勇者の剣一本。レッグリング+ナイトリングの組み合わせもあり終盤まで最前線で活躍。

スカサハ

強いんですが移動力の問題もあって、本城付近の敵相手だけとかになりがち。
このゲームは移動力少ないキャラに人権無いからね…。

ラナ

前述の通りセリス様のヒロイン候補。
でも今回くっつけたのはヨハン
いやまぁOPでヨハンにライブしてたので…。

エーディンと同じく留守番してワープの杖を振るのがメインのお仕事でした。

オイフェ

序盤というよりは中盤に差し掛かる辺りが一番活躍できる気がする。
6章なんかはスカサハとラクチェに任せても割と大丈夫です。

成長率は思ったよりいいけどHP低めなので後半は辛いかな。
特に使う人も居なかったので最終的にはセリス様の銀の剣を継承しました。

レスター

やっぱり技が不安な成長。
でも序盤から勇者の弓のおかげで大活躍、後半はトンボとりぐらいしかないのとスコピオとはまともに撃ち合えないのが残念。

今回はラクチェとくっつけました。

デルムッド

フィンから継承できるものが無いのが残念ですが、ラクチェ経由で銀の剣を持たせたり、スカサハからざんてつの剣を受け取ることでカバー。CC後は連続のおかげもあって戦力的にも◎。

ユリア

セリユリバグの関係で大活躍?のヒロイン。
でも移動力はないのでセリス様と行動させるのは結構キビしかったりします。

紙防御ですが魔法防御はカンストするので対魔法ユニットとして超優秀だったりもします。

アーサー

各エル系とほのおの剣を持たせて一応なんでも出来る感じに。
ポルガノンも持たせたけど重い!最後はエルウインド頼みに。

フィー

章別感想にもよく名前が出ますが、最初から最後までべったり頼りました。肝心な所で必殺を出してくれたのも◎。

ヨハン

う~んお留守番…。
そこまで成長は悪くないので勇者の斧持たせればまぁまぁ使えます、8章ぐらいまでは。

ヨハルヴァ

山においてきました。

シャナン

登場章が山場、バルムンク持ってても魔法使い相手には案外簡単にポックリ逝くので要注意。
のえさんえこひいきキャラの一人なので無理やり前に出しました。

パティ

ベオウルフが父親だと何と言うか…平凡。お気に入りキャラなだけあってちょっと残念かな。剣の継承も初期剣ランクがCなので細身の剣のみ。

リーフ

説明不要の万能ユニット、目立った活躍が無いというよりはどんな状況でも平均以上に活躍してくれるユニットってイメージ。個人的には高い移動力+リザーブの組み合わせが出来るのが一番いいところ。

ナンナ

リターンの杖+リターンリング継承はやっぱり便利。戦えないことも無いですがハイプリを城に置いていくスタイルなのでどー頑張っても杖(元々サポートユニットだけど)

フィン

7章で一番輝いて、その後はトラバントと戦うところまでは出番あり、そこからはオイフェやヨハン同様にお留守番&本城防衛がお仕事かなー。

アレス

運が30にならないとか上限が低いとか言われてますが、なんだかんだ言ってもミストルティンがあれば文句なしに強いです。
でもエルトにいさまの方が100倍かっこよく見えるのはなんだろ、登場の仕方が悪かったかな…。

リーン

まもりの剣+エリートリング持って踊るのは相変わらず。
踊り子なので以下略

ティニー

のえさんえこひいきキャラの一人。
と言っても役割はスリープ、リカバー、レスト辺りを持たせたサポートがメインという感じ。
それとトローン。

ファバル

突撃があるのでそこそこ強いファバルになってると思います、ステータスも特に文句ない感じ。

セティ

こちらも説明不要の強さ、強すぎてゲルプリッターが攻撃してこないとかなんとか、勿論サイレスの杖は持たせます。
のえさんえこひいきキャラの一人。

アルテナ

なんのかんの言っても飛行ユニット、10章とか大活躍。
好きなキャラなのでどんどん活躍の場を作っていくスタイルです。

コープル

リザーブを継承させたのは失敗だったかも(リーフに持たせたかった)
9章の村はコープル育成用です。
ハイプリもせめて移動が6だったら置いていかないんだけど…。

ハンニバル

お城の守備頑張ってくださいとしか言えない…。

このゲームはアーマーナイトを壁にする、みたいなシチュが殆ど不要なので仕方ないんですけどね。

カップリングの感想

今回選択したカップリング。
ラナ以外はなんだかんだで王道。

セリス×ユリア

前述の通り縛りプレイ&バグから生まれた組み合わせ。エンディングではなかったことになってます。

ヨハン×ラナ

OPで見られる会話から発展した二人という妄想のもと生まれた組み合わせ。移動力はかみ合わないように見えますが、ヨハンの役目が本城の守りなので丁度いい感じになりました。

レスター×ラクチェ

ティルナノグ勢は全員幼馴染なのでどーゆー組み合わせでもしっくりくるかなーというイメージ。過去にはデルムッドだったりもしました。

ラクチェがレッグリング+ナイトリング持ちなのと前衛+後衛という組み合わせで運用もし易いのがポイント。

アーサー×フィー

あんまり他の組み合わせもイメージできないのでいつもこれ。
会話もあるしね。

シャナン×パティ

大変申し訳ないんですがシャナン×ラクチェは無いです。

リーフ×ナンナ

この組み合わせはほぼ公式化してると思う。

アレス×リーン

個人的にはリーフ×ナンナと同じで他のイメージがあんまりわかないかな。
でもアレス×ナンナ派は一定数いるイメージ。

セティ×ティニー

宝物。

手短にまとめ

なんかずーっと移動力の事ばかり言ってるゲームだったよーな気もします。

壊れ武器やユニットが沢山いるのでゲームバランスがいい、という訳でも無いんですが何故か何度もやっちゃうのはそれだけの魅力(&思い出補正)があるからなんでしょうね。というか2015年にもなってこのゲームの話を長々と書くとは思ってなかったんですけど。

とまぁ、思い入れの強いゲームなので新聖戦の系譜としてリメイクして欲しいような気もするんですが、そうなると絵柄が変わっちゃいそうでそれも怖いというか…。

FE0とかで知名度上がってくれると嬉しいんですけどね、聖戦キャラはスマブラにも出し辛いと思うし!


変なところで執筆エネルギーが切れててクリアから随分空いちゃったんですがFEifのおかげで何とか書けました。

という訳で次回作にご期待ください。
ifについては覚醒並みに書けるといいなーと思ってます。

Copyright © 2017 Noe, All Rights Reserved.Proudly powered by WordPress.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。