End of Eternityその① 2010/02/01  家庭用ゲーム ,

残念ながらのえさんはAAAの信者だったりするので
アレコレ言われてますが気にせず購入。
最近はチャプター5のイベントシーンがよく
話題になってるみたいですね。

以下、感想。
+戦闘がややこしいゲームなので戦闘攻略などなど~

実は私も現在チャプター5だったりします。
ここまでプレイ時間12時間程だったんですが
これって長いのかな?

取り合えずここまでの感想

※お話
う~~んよくわかんない!
説明不足なんですよねー色々。
まぁ、これから明かされていくんでしょうけどねぇ

別に中二なお話じゃないとは思います
というか依頼という名のお使いしてるだけですしね
今後どうなるかは分かりませんがー

よくカーディナル・バーバレラ(「お肉おいすぃ~」の人)がネタにされますが
チャプター3とか4も相当おかしい話だと思いますけどねぇ
カーディナルって付いてる人は大抵どこかおかしいです。

※着せ替え
防具が無いのは個人的にはうれしいですねー。
着せ替えとかこういう無駄な要素大好き。

シャツの絵柄とか凝ってて面白いです。

※戦闘
こういう所はAAAですね~と思えるバランス
攻撃は最大の防御って感じです。

まぁAAAのゲームは全部戦闘がメインでシナリオはオマケだと思うので
話が長くなるとしたらこの部分でしょうか。

基本的にはインビンシブル・アクション(以降I.A)をメインに使って戦い、通常攻撃はオマケ
これを理解するまでがちょっと苦しいかも
実際、最初のボスより最近戦ったボスの方が
弱く感じます、最初のボスは何回コンティニューした事か~…

一つ言える事は、チュートリアルは必須です

と言ってもチュートリアルをやったからと言っても
わけがわからないのは仕様です。
しかも、どこでチュートリアルが受けられるか解りにくいのはどうにかした方が
いいと思うんですけどね(闘技場で受けられます)
最初、闘技場横のマスで敵にからまれ、何もわからずリセットしました私が居ますし…。

※のえさんの戦闘方法
私に限らず大体の人がこの流れだとは思うんですけどねぇ
まずはキャラの行動順

1.マシンガン装備キャラ
2.ハンドガン+投擲
3.ハンドガン+回復アイテム装備

まぁ、2と3はどっちでもいいと思いますけど
最初にマシンガン装備のキャラを持ってくるのは鉄板かなーと思います。
ちなみに装備は適当に持ち替えた方がいいので
誰が何番目とかいう形にはしてません。

実際の戦闘ですが、まずは1番がI.Aでフィールドを端から端まで爆走
敵が一番多いルートを通ります。
とにかくマシンガンの連射で出来るだけ削る事。
部位破壊が目的なのでジャンプして空中から弾をバラけさせて全体的に削ります。
ターゲット変更が難しい所ですが、最低でも
2匹は攻撃しておきたい所

また、初期位置から移動しないようにI.Aを行ってレゾナンスカウント(以降R.C)をためておきましょう。

次に2番目のキャラがI.A。
この時点でゲージが2減っているので部位破壊でゲージを回復する事。
2箇所壊せばオッケーです。
ボスの場合はゲージクラックを狙わないとゲージ回復手段が足らないので
出来るだけチャージして撃つ事
攻撃力は変わらないのでザコ戦では連射でOKです。
こちらも基本は空中から撃つ事。
(まぁ1も2も直線上に敵が居る事が殆どなのでどうせジャンプするんですがー)

2で気を付けないといけない事はI.A後の着地地点ですね
2番がI.Aを終了した時点で三人の位置が
「▽」になっているようになればokです。

そして3番目がレゾナンスアタック(以降R.A)を実行。
R.Cは2溜まってるはずです。
案外溜まらないのでサクサク使ってしまってokです。
三角形の中にいる敵、いなければ出来るだけ三角形に近い敵をターゲットして
何も考えずに連射すれば最低でも部位の1つぐらい壊せます。

ここまでが基本の流れ、後はこれをループするだけですね。
例外としてボス(及び耐久が高いザコ)の場合は部位が無くなった&周りのザコを処理した時に限り
近寄って通常攻撃した方が楽です。
その際は範囲攻撃をまとめて食らわないように
三角形の形で取り囲む事!
後はファーストエイドなどのアイテムを使って
ボスのターゲットになってるキャラを回復しつつ
残り2人でチクチクやればOKです。

慣れてくるとどんどん敵が倒せるようになりますよ。
ただ理解するまでものすごい時間かかりましたけど…
私もボスで詰まって闘技場でレベル上げしてた際に
色々試行錯誤して↑に行きつきました。

長くなったので①はここまで~

Copyright © 2017 Noe, All Rights Reserved.Proudly powered by WordPress.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。