のえさん家|ここはのえさんのメモ帳です。twitter : @NoeYxY

いまさら&何週目かわからないFE聖戦の系譜のお話(前編)

3月頃のお話ですが、書きかけのまますっかり忘れてました。

ファイアーエムブレム聖戦の系譜 イヤなエンディングという動画を見てたら、ついついやりたくなったので始めました。

古~いゲームですが、今はバーチャルコンソールでも買えるのでいつでもプレイできていい時代ですね(しみじみ…)

という訳で、特に縛りもない何週目かわからない(書くのは初めてですが)FE聖戦の系譜(以下 聖戦)の感想です。ちなみにフツーのプレイです、ハッピーエンド目指してます!きっかけの動画をなぞるプレイという訳ではありません。

長くなりそうなのでシグルド編(~5章)とセリス編(6章~終章)に分けて書きます、今回はシグルド編。

シグルド編 攻略&感想

序章

北はアレク、ノイッシュ、レックス、アゼル
南はシグルド、キュアン、エスリン、フィンに別れてユングウィまで攻略。スピードリングはフィンかアゼルで迷いましたがアゼルに渡しました。
ボスはアゼルとシグルドでちゃちゃっと掃除。

続いてエバンスまで。
橋のところでレックスとキュアンが交互に壁を作り、騎兵の再移動と魔法・弓で数を減らしていく。

残りはボスだけ。
アルヴィスとまだ話してなかったので、ボスとアルヴィスを戦わせてみようとエバンス城の門まで誘導したら…門前では待機しないようになってるのね。
しょーがないので銀の剣をもらったあと、ボスで全員のレベルを10くらいまで上げる。

昔はここで20Lvとかもやってましたが、それもなんだかなぁということで。

1章

アイラ説得までは特に面白いところもなし。
エーディンとの会話はアゼルで行いましたが、どっちともくっつける気なし!

レックスでアイラを森に誘導して、その隙にジェノア城を制圧。
大沢版をなぞってレックスとアイラを戦わせてみようかなーとも思ったんですが、マンガと違ってさすがに死ぬかなー…と思いなおしてナシに(99%死にます)

第二ボスチクポイントのガンドルフで経験値を稼いだ後はジャムカ説得。ジャムカ×エーディンは最初から決めてたので、今後常に二人を隣接状態に。この時点でアイラの相手は決めかねてたので特に誰ともくっつけるような事はしませんでした。

大勢で森を抜けるのが面倒だったのでシグルド・キュアン・エスリン・レックス(勇者の斧用)だけで森を抜け、サイレス使ってボス攻略、お疲れ様。

2章

音楽が一番好きな章。
この章の一番の難関はもちろん三兄弟の救出、結構リセットしました。

エスリンがCC前だとイーヴにライブするのが難しく、初回では届かなかったので1章クリア前に戻りリターンの杖無駄振りしてCC。これで解決…と思いきや、今までエスリンを狙ってきたハイライン兵がイーヴに集中し、ダメージが多くなり1ターン早く死ぬという事態に。あのー事態が悪化してますけど!?

あと、イーヴが頑張りすぎるとやっつけ負けっぽい死に方をするので攻撃をミスしてくれないと難しい、ここは闘技場で調整。

ここまでやればOKでしょ!
と思って油断してたら、今度はノイッシュが死にました。思った以上に脆かった…。

この後は特に問題なく
・10000Gさんを仲間に
・ねぎりのうでわゲット
・ついげきリングゲット
・マクベスをチクチクして稼ぐ
・フュリーを仲間に
等々のイベントをこなしてクリア。

また、ここから計画的に恋愛させていくことに。
・ジャムカ×エーディン成立
・ノイッシュ×アイラ
・フィン×ラケシス
シルヴィア、フュリーは後回し。

クリア前にディアドラに杖を使わせてLv30へ。

3章

CC済みユニットが随分増えてきて進軍も楽になってきたころ。
レックスから勇者の剣をもらったアイラはもう無敵です。

前半のヤマ場、エルト兄様説得は森をうまく使ってクリア。トラキア軍が来る前にシルベール制圧できそうでしたが、ボスからライブのうでわが貰える事にギリギリ気がつき、待つことに。

その後、ブリギッド・クロード・ティルテュの救出にフュリーを向かわせる。ボスはアイラで倒してレッグリングを渡す。デューでかぜの剣を拾いにいく、海賊を倒してお金を稼ぐ、等々をこなしてクリア。キュアン、エスリンのLvに気を使うのを忘れずに。

4章

・クロード×シルヴィア
・レヴィン×フュリー
・アゼル×ティルテュ
・ベオウルフ×ブリギッド

この章で全てのカップリングが成立。
レヴィン×フュリーは会話を見て成立させようと思ったんですが…ここで大問題が発生、隣接させなくてもレヴィンとシルヴィアが成立してしまい、会話まで間に合わない!という訳で泣く泣くやり直してクロード×シルヴィアの成立を早めました。

特に難しいところもなく、前半のスリープはレヴィンでサイレス。
後半はフォルセティのためしうちで全滅。

5章

シグルド編最後の章。
ティルフィング修理でシグルドの財布はすっからかんなので、村はシグルドにあげることに。

ランゴバルトはシグルドで…やると時間かかるのでレヴィンで。
レプトールはシグルドで…やると手間なのでレヴィンで。
うーんフォルセティ強すぎ…。

砂漠はフュリー無双、勇者の槍を使って全部お掃除、勿論ボスも。
キュアン、エスリンな~む~…。

トラキア兵はレヴィンだと回避率高すぎて攻撃して来なかったのが悲しいところ、歩兵+アレク(見切りでナイトキラー無効)で倒すことに。

アイーダが裏切る前にレプトールが死んじゃったんですが、ストーリー的にはある意味幸せだったかもしれません。

受け継ぎのためにアイテム整理を終えてからクリア。
お疲れ様でした。

各キャラクターについて

シグルド

最初から最後まで単独で突っ込ませて敵を全滅させて帰ってくる、頼りになる主人公、引継ぎのことも考えてリングは集中的に持たせたら更に無双することに。

大変お世話になりました。

ノイッシュ

2章での失態もあり、最後まで不安が残るユニットでした、ステータスもHPと力しか上がらないなんてザラで父親にするのに不安だらけ。チクチクもやり辛いので育つまでが大変の困ったちゃんでした。

アレク

何故か力も結構上がって超優秀に育ちました…が父親としては今回出番なし(というか1回も父親にしたことないです)
嫌いじゃないんだけど特に見切りが欲しいと思ったことがないのと、しっくりくる組み合わせもないので残念ながら…。

アーダン

留守番、闘技場とチクチク以外で戦ったことありません。
ジェネラルになるまで素早さが1しか上がらなかったという成長、やっぱ使うのシンドイ。

アゼル

攻撃力はあるんだけど移動できなさ過ぎてマージナイトになるまではあんまり出番なし、ファイアーも重いのでスピードリングがないとかなり厳しいです。サンダー&馬が付いてからが本番、でも打たれ弱いのとあまり回避も出来ないので再移動使って後ろから打つのが基本。

レックス

何故かHPが全然上がらず、HP40を超えたのは20Lv手前という謎成長でしたが他は優秀、勇者の斧を手に入れてからはずっと大活躍。

今まではアイラ×レックスの組み合わせが多かったんですが、今回は別の組み合わせでいくことに、ステがいいのでほぼ父親になるんですが今回は残念ながら外れてもらいました。

キュアン

ちょっと技上がらなさすぎじゃないですかね!Lv20で13しか技がありませんでした、う~ん…とりま、エスリンが穴埋めしてくれるように技と速さの成長がいいので良しとします、HPは自軍で一番でした。

追撃が無いものの力がカンストまで伸びたおかげで一発が大きく、夫婦で大活躍。

エスリン

リターンの杖空振り後から本番、2章はエスリンの動きが全てと言って間違いないないです、ナイトリング的に。
初期値はともかく回避が高いのと成長率はいいのでほどよく削ってくれるよける壁として便利。

フィン

後編でも出番がちょこちょこあるのと、父親にもなるのでしっかり育てたいところ。何故か技が全然あがらず、CCして10ちょっとという謎成長。変なところがキュアンに似て困り物。

アイラ

説明不要の強さ、レッグリングが手に入るまでは移動力の関係で出番も厳しかったですが、4~5章は無双状態。

エーディン

特に気になるところは無かったです、杖振れればなんでもいいもんね。
ただハイプリは移動力なさすぎて、結局移動させるのが面倒になってしまい、お留守番しつつリターンで帰ってきたユニットをワープで飛ばす輸送係になってました。

デュー

防御以外は神成長だったんですが父親としての出番は特になしなのが残念、一応ファバルならデュー親でもHP2上がりますが今回は別の組み合わせにしたかったのでスルー。あとのえさんはショタに厳しい(ここテストに出ます)

ジャムカ

CCするまで技が1しか上がらないというとんでもない不安要素を残していきましたが、他はフツーに強かった。相変わらずの敵が死ぬまで攻撃をやめない!で安心安定。

ラケシス

特に問題もなくフツーに強キャラに成長。とりあえずあまった銀系の武器を持たせるのはお約束、杖Aなのでリザーブ持たせた方が良かったかもしれない、クロード足遅いし。

ベオウルフ

何気に成長率が良く父親として優秀、スキルもクラスも強いので大剣を持たせれば結構活躍してくれます、思った以上に働いてくれたと思う。でも過去プレイでは割と冷遇気味でした、今回珍しく父親として起用。

レヴィン

気をつけないといけないのが、思ったより魔力が上がらないところ、HPはよくあがります。エルウィンドだけでも強いのにフォルセティを持った日には鬼に金棒。

シルヴィア

踊り子なので重要!という以外にあんまり語るところないかな…。レヴィンとくっつくのだけ要注意!

フュリー

悲しい成長率ですが、なんだかんだ出番が多い飛行ユニットなので吟味して成長させたい所…でもチクチクポイントが3章ボスぐらいしかないのが悩み。

ティルテュ

悲しいかな歩兵+登場が遅い事もあって5章のドラゴンナイト相手ぐらいしか出番なし、3章でCCしておかないと4章では戦えないのも注意。

クロード

なぜか神成長、でもステータスはあんまり重視してなかったりします。あと残念なことに仕事はリザーブ振るだけ…。

やっぱ移動力がネック。

ブリギッド

最初から完成されてるキャラ+イチイバルのおかげで強いんですがスキルが無いので寂しい寂しい…。何気にイチイバルの命中が低いのも悩み、幸いジャムカと違って技の成長率は悪くないです。

カップリングの感想

今回選択したカップリング。
割とメジャーな組み合わせが好きなのであんまり変な組み合わせはしてないはず!

ノイッシュ×アイラ

普段はレックスが多いんですが、スカサハがドズルに帰るのがなんかイヤなので今回はレックス以外でいこうと決めてました。特にエピソードも無い二人ですが、スキルの組み合わせはやっぱ強いね。

のえさんは武器に★をつけるために無限増援とか呼ばない人なので必殺も純粋にありがたいです、でもノイッシュの成長がHP、力に偏りすぎてて技も早さも守備も不安という展開に。

引継ぎは、スカサハには剣Bまでしか引き継げないのでつばめがえしやざんてつの剣、いかずちの剣を渡しておくことに。アイラには勇者の剣のほか、銀の剣や銀の大剣を持たせておいて中古屋経由でスカサハ・デルムッドに渡す作戦。

ジャムカ×エーディン

王道の組み合わせ①。
というか、ミデェールは失恋が似合うと思う!(キッパリ)のでこれで丁度いいのです。

何気にジャムカの技が低いこと、ラナの魔力が少し不安なこと、そもそもレスターに連続のスキルまで必要?という疑問があることなど色々ありますが、気にしないということで。

今回のついげきリングはレスターへ。弓はキラーボウ、勇者の弓があれば他はいらないでしょう。ラナもワープとリブローがあれば大丈夫。初期装備はライブなのでリライブ継承は一応有効。

フィン×ラケシス

フィンラケ派です、この組み合わせが好きというよりはベオラケが個人的にイマイチ。

デルムッドには武器渡せないので特に語るところなし。ナンナには剣のほかにリターンの杖とリターンリングを持たせておくと便利、いのりの剣は誰かに渡したいところ。

クロード×シルヴィア

王道の(以下略)危ない二人。
バルキリーは特に使う予定はないけど、ストーリー的になんとなく継承したい、といつも思ってるのでレイリアとか未だに見たことありません。

リーンにまもりの剣とエリートリングを継承させる以外は特になし。

レヴィン×フュリー

おうど(以下略)
くっつき方もイベントで一回とほぼ公式カップル。
のえさんも9割この組み合わせ。バルセティも一度試してみたい気もするけどなかなか実現しませんね。

セティにはフォルセティは勿論、スリープ・サイレスの杖を渡しておきます。

フィーには勇者の槍、かぜの剣を。
ほそみの槍は売っておかないと子世代で1本減るので注意(使うかどうかは別として)

ベオウルフ×ブリギッド

いつも自由恋愛枠なので毎回相手をコロコロ変えてます、過去くっつけたのはレックス・デュー・ホリンあたりですが、今回は突撃が欲しい&そこそこの成長率、オマケに金髪&剣引き継げるということで10000Gさんになりました。

ファバルは特になにも渡さなくてもいいです、パティはCの剣しか振れないので結局ほそみの剣ぐらいしか渡すものがありません。

アゼル×ティルテュ

お(略)
ティニー好きなのでフォルアーサーは無いです!(キッパリ)
フォルアーサーを試したのは攻略本読みながら進めた初回プレイだけです。

この組み合わせも鉄板かなーという感じはしますが、フュリー×レヴィンと違うのは、この組み合わせじゃないとステータス的にもイマイチなところ(父親が魔法系じゃないと魔力が上がらないので)

戦士系だと魔力成長率10%とか、どうしようもない数字になるので実質この組み合わせしかあり得ないと思うんですよね。

大雑把にまとめ

色々育ててみても結局は移動力の問題と、何ユニットも動かすのが面倒になっていくあたりがこのゲームの悩ましいところ。

キャラが立ってるので全キャラに活躍の場を与えたいところなんですが、親世代は子世代と違って欠点のフォローがし辛いのと、無双がし易いのでますます少数精鋭になるところはやや残念。歩兵なんかは意識して使わないと闘技場以外出番なしとか普通にあるからね、ホリンとか特に。

しかしながら親世代のメインは何と言ってもカップリングなのでSRPGというよりは恋愛ADVと思って楽しめればそれで問題ないのです!

こういう所もシリーズで異色と言われてる所かなぁ。
まぁそこが好きなんですが。

とりま、5章までは長いプロローグと思って遊んでるので本番はここからです。


後半に続きます。

カテゴリー: FireEmblem タグ: , パーマリンク
Page Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。